駿河台のカザルスホール

ポストモダンの代表作、磯崎新設計の駿河台のカザルスホール、現在は日本大学の所有。
カザルスホールと命名されチェロ奏者、パブロ・カザルスの名から来ている。室内楽専用ホールとして主婦の友社が建設した。

1987年主婦の友社が建設
2002年に日本大学へ売却
2010年3月末でホールを一旦閉鎖

駿河台日大病院の耐震基準に関係して、この地に建て替える案がある。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s