ラグマン(Лагман)は中央アジア料理?それともウイグル料理?

ラグマン(Лагман)は中央アジア料理?それともウイグル料理?

私が、このページで”ラグマン、ウイグル料理”と記述したら、「ラグマンは、ウイグル料理ではなく、中央アジア全域にある料理です。」とのコメントをいただきましたのでちょっと説明を。
 

ラグマン(Лагман, Lagman) は、ウイグル語でロンマン、中国語では「拉条子」(ラーティアオズ、lātiáozi)もしくは「拉麺」(ラーミエン、lāmiàn)と呼ばれる。(wiki)

現在、中央アジア全域で食べられていますが、ウイグル人の料理というのが一般的な見解のようです。長い歴史の中でその土地に根ざしており、よく食べられていますね。タシケントのラグマン屋はウイグル人が経営、コックは新彊ウイグル自治区から来ていました。ビシュケクも然り。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s