ウズベキスタン、タシケント空港での出国事情

2007年2月 タシケントからビシュケクへ(エコノミークラス)
1)車を出発階へ横付けできません。したがって、駐車場から荷物をごろごろと引っ張って到着が1階ですからそこの横の階段から2階、出発階へ上がります。荷物が多い場合、ポーターがいないとハンドリングに汗をかきます。
2)チェックインは2時間前から始まります。ビシュケク行きはYだったのでエクセス22キロが発生しましたが、最初から正規エクセス金額の提示は無く、ヤミで15000スムでどうかいわれました。お祈り部屋に連れて行かれ、スムを支払い完了。
3)その後、税関審査、事前に2枚の出国用税関申請書を作成しおきます。ここで入国したときの控えの提出を求められます。そして手荷物のX線検査があり数 メートル先に税関の再検査があり、パスポート、ボーディングカードの提示があり、私の場合、所持金を見せろといわれました。ドルが入っている封筒を見せて 通過。
4)それから出国審査、ここは問題なし。
5)搭乗口の前にセキュリティチェックがあり、並んでいます。パスポート、ボーディングパス、航空券のチェックがあり、それから、手荷物検査があります。ここでは、靴を脱いでX線検査機に通します。
ここまでたどり着くのに最初の税関(チェックインの直ぐ後)から30-40分程度かかりました。近距離のフライトでこのような状況なので、長距離便は乗客の数が多くなることからさらに時間がかかるものと思います。

タシケント空港出国のメモ

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s